完全消臭は市販の消臭剤では出来ない!特殊清掃業者に依頼すべき理由

トピックスTOPICS

トップページ>特殊清掃トピックス>特殊清掃

完全消臭は市販の消臭剤では出来ない!特殊清掃業者に依頼すべき理由

「消臭したはずなのに臭いが戻ってきた」
「完全に消臭するにはどうしたらいいのだろう」

市販の消臭剤などを使って消臭をしたのに、臭いが戻ってきてしまいお困りですね。

実は、市販の消臭芳香剤では、臭いを一時的になくすことはできても、完全に消臭することはできないのです。

なぜなら、悪臭の成分よりも芳香の成分が多くないと効果はなく、消臭に一時的に成功しても、原因がある限り臭いは必ず戻ってきてしまうからです。

悪臭を完全に消臭するには、以下のふたつを行う必要があります。

  • 悪臭の元をなくす
  • 悪臭を化学反応により変化させる

この記事では、完全消臭のプロである特殊清掃業者が、完全消臭の仕組みについて、消臭の方法やチェックすべきポイントなどを交えてわかりやすく説明します。
また、どうしても取り切ることのできない臭いを完全に取り除きたい方のため、安心して任せることのできる業者の選び方をご紹介します。

この記事を読むことで、完全消臭の手順と、あなたが選ぶべき完全消臭を実現できる業者が分かります。

1.特殊清掃業者の行う完全消臭とは

悪臭を完全に消臭したいとお考えなら、特殊清掃業者に依頼するのが一番です。

市販の消臭剤やハウスクリーニングでは「いますでにある臭い」や、悪臭を発生させる原因のうち「表面の部分」しか、除去することができないからです。

特殊清掃業者は、以下の2点によって完全消臭を実現させることができます。

  • 悪臭の元を完全に除去する
  • 悪臭を化学反応により変化させる

それぞれ詳しく、その内容を見ていきましょう。

1-1.悪臭の元を完全に除去する

悪臭を完全に消し去るには、悪臭の原因を元から取り除かなければいけません。
しかし実は、悪臭を発生させる原因物質は、床板や壁の石膏ボードにまで染み込んでいることが多いのです。

なぜなら、実際に目に見える汚れ以外に、目には見えない雑菌も、悪臭を発生させる原因となるからです。

物の表面に付いた汚れや雑菌は拭き取ることができますが、物の内部に浸透した汚れや雑菌は、拭き取りだけでは除去することができないため、完全消臭を望むなら、床板や壁紙を剥がしたりして消臭をしないと、臭いは必ず再発します

床板や壁紙を剥がしての消臭は、国土交通省の資格規定により、ハウスクリーニング業者では行うことができません。
「解体工事業登録」をしている正規の特殊清掃業者でしか、ここまで徹底した消臭を行うことはできず、この徹底消臭によってしか、悪臭を完全に消臭することはできないのです。

1-2.すでにある悪臭を化学反応により変化させる

すでにある悪臭は、化学反応でまったく別のものに変化させることで、完全に消し去ることができます。
特殊清掃業者は、孤独死などの現場で発生する特殊な腐敗臭も消すことができる、オゾンによる化学的消臭法のノウハウを持っているのです。

オゾンとは、酸素原子(0)が3個ついたもの(03)です。酸素分子が2個だけの酸素(02)と比べると、オゾンの酸素分子の接着は安定していないため、3つ目の酸素原子は、すぐに離れようとする性質があります。

この3つ目の酸素分子が悪臭に付着することで、悪臭成分が化学反応を起こして変化し、臭いのない別の物質に変わるのです。

酸素分子が付着する、つまり「酸化」すると、脱臭・殺菌の効果を生み出します。この酸化による脱臭・殺菌効果は、塩素の約6倍もあるため、非常に強力な消臭方法なのです。

特殊清掃業者は、この業務用の専用オゾン脱臭機を活用することで、ひどい悪臭でも完全消臭を可能にしています。

悪臭を消す4つの方法

悪臭を消す方法には、以下の4つの方法があります。

 仕組み特徴
化学的消臭法化学反応により悪臭成分を根本的に違う成分に変える物質の構造式から根本的に変えてしまうため、日常的な環境で悪臭に戻ることはない
生物的消臭法悪臭を作り出す雑菌そのものを除去したり生分解したりする・範囲が広かったり清掃できない箇所に雑菌がある場合、雑菌を取り除くことが難しい
・微生物や酵素を用いての雑菌の分解は、処理速度が遅く、設備コストが高くつく
物理的消臭法悪臭成分を物質に吸い込ませる悪臭成分を吸い込む物質の孔(あな)が飽和すると、それ以上は消臭できない
感覚的消臭法良い香りを使って悪臭を感じさせないようにする・芳香成分がなくなった瞬間に悪臭が復活する
・即効性はあるものの、持続性はない

参考:独立行政法人 工業所有権情報・研修館「消臭・脱臭剤(化学的方法)」

ご覧いただくと分かるように、悪臭の発生源にアプローチする生物的消臭法と、悪臭の成分を変えてしまう化学的消臭法以外では、一時的に消臭ができたとしても、臭いが戻ってきてしまうのです。

自分の目的に合った正しい消臭法を知り、求める効果や持続時間を考慮した上で、適切な消臭方法を取り入れてください。

2.市販の消臭芳香剤では完全消臭ができない3つの理由

室内や車内などの空間が臭う場合、市販の消臭芳香剤では完全消臭ができません。

それは以下の3つの理由によります。

  • 悪臭の元を完全に取り除くことができない
  • 芳香成分が悪臭成分よりも多い場合しか消臭できない
  • すべての「物」からの消臭が不可能

それぞれ詳しく説明しましょう。

2-1.理由①:悪臭の元を完全に取り除くことができない

市販の消臭芳香剤は、感覚的消臭法という、良い香りを使って悪臭を感じさせないようにする消臭方法をメインに使っています。

つまり臭いに対してしか作用しないため、悪臭を発生させる元の雑菌などを取り除くことはできないのです。
もちろん、抗菌作用のある成分を使用しているものもありますが、雑菌すべてを取り除くことはできません。悪臭の元をすべて取り除かない限り、完全消臭することはできないのです。

2-2.理由②:芳香成分が悪臭成分よりも多い場合しか消臭できない

悪臭の成分よりも芳香の成分が多くないと、感覚的消臭法の効果は発揮できません。
そのため、芳香成分がなくなった瞬間に悪臭が戻るという事態が起きます。

市販の消臭芳香剤は、その機能的に、一時的に悪臭を感じさせなくさせるためのものなので、芳香成分がなくなれば臭いが戻るのは、仕方のないことと言えるでしょう。

2-3.理由③:「すべての物」の消臭が不可能だから

悪臭を消す4つの方法で少しお伝えしましたが、すべての物質には多かれ少なかれ「孔(あな)」があり、その孔に悪臭成分が吸着されることで、空間の消臭をしています。

つまり、完全消臭するにはそこにある「悪臭成分を吸着したすべての物」に対して消臭を行う必要があるのです。

市販の消臭芳香剤をすべての物に対して振り撒くことは、手間の面で見ても費用の面で見ても現実的に無理がありますし、使うことのできない材質などもあるでしょう。

このことからも、市販の消臭芳香剤では完全消臭をすることは不可能と言えます。

3.完全消臭を特殊清掃業者に頼むメリット

特殊清掃業者に消臭を頼むことで、ハウスクリーニングや市販の消臭芳香剤では叶えることのできない、以下のようなメリットがあります。

  • 雑菌が完全になくなる
  • 臭いが完全になくなる
  • 再発しない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1.メリット①:雑菌が完全になくなる

悪臭の発生元である雑菌を完全に取り除くことができるのは、特殊清掃業者ならではの技術です。

床板や壁の石膏ボードなどの内部にまで染み込んだ汚れや雑菌も、資格のある特殊清掃業者であれば床板や壁紙を剥がして内部まで清掃することができるため、直接取り除くことができます。

また、どうしても取り除くことのできない、部屋の主構造部分を担う柱などについては、特殊コーティングをすることで雑菌の繁殖を抑え込みます。

室内に浮遊している雑菌についても、オゾン式の化学反応を用いることで死滅させることができるため、雑菌のない清潔な空間を実現します。

3-2.メリット②:臭いが完全になくなる

特殊清掃業者の持つ専用の機材と高い技術によって、化学的に完全消臭を叶えることができます。

特殊清掃業者の扱うオゾンは気体のため、空間の隅々まで入り込むことができるからです。

汚物の染み込んでしまった床や、手の届きにくい天井などをはじめ、家具や洋服などを含めたその空間にあるすべての物に染み付いた悪臭成分に対して化学反応を起こさせることができるため、とても効率的にすべての悪臭を取り除くことができます。

市販の消臭芳香剤を使ってその空間にあるすべての物を除菌・消臭して回るよりも、はるかに短時間で広範囲の消臭ができるため、物が多かったり空間が広かったりする場合は特におすすめです。

3-3.メリット③:再発しない

特殊清掃業者の行うオゾン式化学消臭法は、悪臭成分を構造式から変えてしまうため、一度化学反応を起こした悪臭成分が、日常的な環境で元に戻ってしまうことはありません

市販の消臭芳香剤やハウスクリーニングでよくある「悪臭戻り」は、天井の隅や家具の裏など、空気の溜まりやすいところにある悪臭成分が、時間経過や空気の流れで出てきてしまうことによります。

特殊清掃業者の行うオゾン式化学消臭法であれば、空間の隅々にまで消臭成分の気体が入り込むため、室内のどの場所においても、悪臭成分を残しません。

悪臭の再発を防ぎたい方には、特殊清掃業者によるオゾン式化学消臭法が最適です。

4.完全消臭を特殊清掃業者に頼むデメリット

特殊清掃業者に頼めば悪臭を完全に消臭できることが分かったものの、業者に依頼することによるデメリットについても確認しておきましょう。

  • 費用がかかる
  • 時間がかかる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

4-1.デメリット①:費用がかかる

専用の機材と技術で消臭をするため、その分費用がかかります。
かかる費用は、以下に挙げたポイント次第で大幅に変わってきます。

  • 部屋の広さ
  • 臭いのレベル
  • 汚れが床板などに染み込んでいるかどうか

部屋が狭く、臭いのレベルも軽くて汚れのない状態であれば、1〜2万円程度で済むでしょう。
ペットの汚物などが床板に染み込んでいる場合は、床板を剥がすこともあるため、料金が高くなります。

臭いのレベルについては個人の感覚によるものも大きいため、必ず実際の部屋を内見してもらってから見積もりを出してもらい、追加料金等のトラブルを防いでください

4-2.デメリット②:時間がかかる

部屋の広さや臭いのレベルによりますが、機材を使った完全消臭には相応の時間がかかります。

2~3時間程度で済むものから丸一日以上かかるものもありますが、この間室内には入室できません。飼っているペットなどの生き物はすべて、室内に残っていると危険なので一緒に退室します。

何か忘れ物などがあっても、機材による消臭作業中は入室することはできないので、注意しておいてください。

5.完全消臭を実現できる特殊清掃業者の選び方

これまでにも何度かお伝えしてきましたが、臭いの感じ方は個人の感覚にもよる部分も大きいため、完全消臭をするには特殊清掃業者に頼むのが確実です。

しかし、個人の感覚による部分が大きいからこそ、業者選びが重要になります。

完全消臭を特殊清掃業者に依頼する場合、トラブルを避けるため、以下のことに注意して業者選びをしてください。

  • 完全消臭の機材や技術を持っていること
  • 実績が豊富にあること
  • エビデンスが出せること
  • 作業開始後の追加請求がないこと
  • 担当者の対応が信頼できること

それぞれ順に、重要性と判断の目安などをお伝えします。

5-1.完全消臭の機材や資格を持っていること

任せようとしている特殊清掃業者が、専用の機材や資格を持っているかどうかをしっかり確認してください。

具体的には、オゾン式化学消臭法を行える消臭機と、「解体工事業登録」の有無です。

「解体工事業登録」とは、国家資格を持った技術管理者を置いて、床板や壁の石膏ボードなどの解体を行うことができる業者であるという国土交通省管理の許認可です。

「解体工事業登録」をしていない業者では、表面の清掃しかすることができないため、悪臭の元となる取り除くべき雑菌や汚れを、完全に除去することができません。

必ずこの専用機材と資格を有している業者かどうか、しっかり確認してください。

5-2.実績が豊富にあること

作業品質の高さとトラブル回避のため、十分な実績のある特殊清掃業者を選びましょう。

実は特殊清掃の仕事というものは、賃貸住宅の管理者が作業依頼するケースが多いものです。

いくつもの賃貸物件を抱えていると、居住者の孤独死やゴミ屋敷という悲しい事態に遭うことも、少なからず起こります。
そのため、賃貸物件の管理者は、管理者同士のネットワークによる紹介や、図らずもリピーターとして清掃や消臭の依頼をする場合が多いのです。

完全消臭を確実に叶えることのできる業者には、次々に仕事が集まってきます。そのため、実績が十分にあるということは、そのまま仕事が丁寧で安心して任せられるということに繋がるのです

実績が十分にある経験豊富な特殊清掃業者であれば、完全消臭だけでなく、臭いの原因や再発防止について、不用品た汚物の処理など、その場でいろいろな相談にも答えることができます。

特殊清掃業者を選ぶ際は、実績が十分にあるかどうかを参考にしてください。

5-3.エビデンスが出せること

完全消臭できたかどうかを、機械による科学的な分析で数値として示すことができる業者であれば、作業に抜かりがなく安心です。

感覚に頼ったりその作業直後の流れでなんとなく完了を受け入れてしまっては、後から臭いがぶり返すなどの可能性があります。

完全消臭のエビデンスが出せる業者は、仕事に自信と誠意のある業者であると言えます。

特に、完全消臭したい場所が賃貸物件だった場合、臭いが完全に消えたかどうか、原状回復できたかどうかの判断は、物件の大家さんに最終的な判断をしてもらうことになります。その際に、客観的な数値で証拠を示すことができれば、清掃や消臭のやり直しを求められることがなく安心です。

5-4.作業開始後の追加請求がないこと

臭いのレベルを客観的に判断してもらうために、実際の現場を見て見積もりを出しているにも関わらず、作業を始めてから追加請求をするような業者はプロとは言えません

実績が豊富にあれば、現場を見ることで必要なすべての作業が思い浮かぶものです。

現場の確認の仕方が甘かった、想定外の作業が発生してしまったというのは、業者の側の落ち度なので、その作業費用を追加で払う必要はありません。

実績があってプロ意識の高い特殊清掃業者であれば、追加請求がないことを事前にしっかりと伝えています。相談の際には、追加請求のない業者であるかをしっかり確認しておきましょう。

5-5.担当者の対応が信頼できること

見積もりや相談などの実際のやりとりを通じて、あなた自身が安心して任せようと思える業者を選びましょう。

聞きたいことを聞いた時に、経験の豊富な業者であれば、きちんと答えることができます。
その一方で、言葉遣いや対応に横柄さやぞんざいな印象を受ける業者を部屋に上げるのは不愉快なだけでなく、危険な場合もあります。

見積もりによる目先の金額よりも、担当者の人柄に信頼のできる業者を選ぶことをお勧めします。

6.完全消臭を実現できるのは業界最大手のリスクベネフィット

完全消臭を安心して任せられる特殊清掃業者をお探しであれば、特殊清掃の専門家集団である株式会社リスクベネフィットにまずはご相談ください。

株式会社リスクベネフィットは、全国の特殊清掃業者をつなぐ業界最大手の専門家集団です。特殊清掃における以下のような強みを持っています。

リスクベネフィットの強み

  • 過去8,000件以上の豊富な実績
  • 自社特許技術で完全消臭を実現
  • 清掃中も清掃後も臭いの視覚化を実現
  • WHOの認定を受けた、新型コロナウィルスにも対応した唯一の除菌工法

実績が豊富であるからこそ、現場をよく知り、追加請求のない透明性の高い金額を提示できます。

確実な完全消臭をご希望なら、ぜひリスクベネフィットにお任せください。

7.まとめ

今回は、完全消臭を叶える特殊清掃業者の技術についてお伝えしました。

悪臭を完全に消し去ることのできる特殊清掃業者の技術は、主に以下のふたつです。

悪臭を完全に消し去ることのできる特殊清掃業者の技術

  • 悪臭の元となる汚れや雑菌を完全に除去する
  • すでにある悪臭を化学反応により変化させる

特殊清掃業者に依頼することで、以下の3つを実現することができます。

完全消臭を特殊清掃業者に頼むメリット

  • 雑菌が完全になくなる
  • 臭いが完全になくなる
  • 再発しない

とはいえ、特殊清掃業者ならなんでも完全消臭ができるわけではないため、以下のポイントを押さえて、しっかりとした業者を選んでください。

完全消臭を実現できる特殊清掃業者の選び方

  • 完全消臭の機材や資格を持っている
  • 実績が豊富にある
  • 臭いのエビデンスが出せる
  • 作業開始後の追加請求がない
  • 担当者の対応が信頼できる

この記事が、完全消臭を叶えたいあなたのお役に立てますように。