お金がないけどゴミ屋敷を片付けたい!対処法をケース別に紹介

トピックスTOPICS

トップページ>特殊清掃トピックス>ごみ屋敷清掃

お金がないけどゴミ屋敷を片付けたい!対処法をケース別に紹介

「ゴミ屋敷なんとかして片付けたいけどお金がない、でもこのままにしておくわけにもいかないし・・・」
「ゴミ屋敷を片付けるお金も手間もかけられない、どうしたら今の状況を打開できるかわからない」
と困っている方も多いのではないでしょうか。

お金がない状態でできることはこの2つしかありません。

お金がない場合のゴミ屋敷の片づけ方

  • すべて自力で片付ける
  • 自力で片付ける+ゴミ屋敷業者の併用

ですが、「自力でなかなかできないから・・・」と困っている方もいますよね。

結論、ゴミ屋敷の片付け方として最適なのは、自力で片付れるところは片付けて、難しい部分はプロの業者に任せるということです。

しかし、「格安業者といってもお金はかかるよね・・・」と落胆する方もいるかもしれません。
また、自力と格安業者を併用するとしてもとにかくギリギリまで安く抑えたい方もいるかと思います。

費用を抑える方法で自分が思っているより安く抑えることができます。
さらにしっかりとポイントを抑えて片付けや格安業者に依頼を行えば、費用をもっと抑えることが可能です。

その方法を知らないばかりに「やっぱりお金がかかるから無理」と放置してしまうとどんどん家の状態や環境が悪化してしまって片付けられないケースに陥ります。

この記事を最後まで見ていただくことで、「意外と費用を抑えて片付けられるんだな、これならなんとかなりそう」と思ってもらうことができます。
ぜひ、ご覧ください。

1.お金がない場合のゴミ屋敷の片付け方法

お金がない場合、どのように片付ければよいか分からない方も多いことでしょう。
その場合のゴミ屋敷の片付け方法は主に2通りあります。

  • お金を徹底的に抑えたい場合は自力で片付ける
  • 少しお金をかけられる場合は格安業者の併用

まず、自身はどちらの方法を選択するのかを決めましょう。

1-1.お金を徹底的に抑えたい場合は自力で片付ける

お金を徹底的に抑えたい場合、手間はかかりますが、自力で片付けるとコストが最小限に済みます。なぜなら自分で片付けることで、作業費や人件費といった費用がかからないためです。

本当にお金をかけられないのであれば自力で片付けるしかありません。

「自分で片付けるにしても時間もそこまでとれないからどうしよう」と迷いますよね。
そこで実際にイメージしてみましょう。

1-1-1.費用面でのイメージ

まず、間取りに応じての費用面をイメージしていきましょう。

例えばゴミ屋敷業者にすべてを頼むと、かかる費用の目安は以下の通りになります。

間取り費用の目安
1R/1K30,000円~80,000円
1DK50,000円~120,000円
1LDK70,000円~200,000円
2DK90,000円~250,000円
2LDK120,000円~300,000円
3DK150,000円~400,000円
3LDK170,000円~500,000円
4LDK~220,000円~

間取りやゴミ屋敷の状態によって費用は変わりますが、目安として平均すると上記の料金がかかります。

程度がひどい場合は、この費用を上回る場合も。

一方、自身ですべて片付けるとすると以下の計算になります(一例)。

自力で片付ける場合にかかる費用(一例)

ごみ袋(90L×100枚)2,380円
マスク(10枚入り)120円(1枚あたり)
軍手490円
ゴム手袋690円
保護眼鏡1,268円
合計4,948

部屋の数やゴミの量で多少の変動はありますが、上記のように5,000円ほどで片付けることが可能です。

1-1-2.労力・手間面でのイメージ

また、労力や手間の面でもみていくと更にイメージしやすくなります。
間取り対しての労力は以下の通りです。

間取り人数所要時間
1R/1K1~2名1~3時間
1DK2~3名2~4時間
1LDK2~4名2~6時間
2DK2~5名2~6時間
2LDK3~6名2~6時間
3DK3~7名4~10時間
3LDK3~7名5~12時間
4LDK~4~10名6~15時間

家が大きければ大きいほど、ゴミが多いほど手間も労力もかかります

これを一人でするとなると、これだけの時間がかかってしまうのです。

間取り所要時間
1R/1K1~6時間
1DK4~12時間
1LDK4~16時間
2DK4~30時間
2LDK6~36時間
3DK9~70時間
3LDK15~84時間
4LDK~24~150時間

単純計算すると、1日で終わるものが1時間~1週間弱かかるということです。

程度や片付けるスピードによっては1週間以上かかる場合もあります。それほど自力で片付ける時間や労力の負担は大きいのです。

このように人件費や作業費、運搬費といった費用がかからない分、かなり安価に済ませることができます。

ただし、時間をかけて掃除をすればするほど、生ゴミが腐ったり、家のダメージに繋がりやすくなります。ですので少しでもお金をかけられる場合は、次に説明する自力と格安業者の併用がおすすめです。

1-2.少しお金をかけられる場合は自力と格安業者の併用

「1-1.お金を徹底的に抑えたい場合は自力で片付ける」でお伝えしたようにゴミ屋敷業者の目安費用の全額は払えないが、2~15万円ほどお金をかけられる場合は、自力での片付けと格安のゴミ屋敷業者の併用をしましょう。

ゴミ屋敷業者の費用はごみの積載量で変わります。そのため、業者に処分してもらうごみの量が多いほど料金は高いです。ですので、できる限り自分で片付けることで処分量を減らすことができ、その結果、費用を抑えることができます。

「実際どうやったモノだと自分で片付けやすいの?」と思いますよね。

例えば、小さいゴミや自身で捨てれそうなモノ、手元で片付けれるモノは片付けやすいです。なのでそういったごみをあらかじめ捨ててごみの量を少しでも減らしておくとよいでしょう。

腐っているモノや自分では出せないソファーといった大きな家具は処理が大変なのでプロに任せた方が安心です。

このようにできる範囲は自力で片付けて、難しい部分はプロに頼むとよいでしょう。

なお、一般的な一軒家に多い3LDK 、4LDKでゴミの高さが30cmの場合は以下のようになります。

間取り(㎡)ごみ袋(90L
3LDK(70㎡)約234袋(21,000L)
4LDK(120㎡)約400袋(36,000L)

たとえば自分で取り出せるゴミが3LDKで127袋、4LDKで200袋と約半分に減らせたとしましょう。

そうすると、ゴミの量だけで半分の金額を減らすことができます。

間取り費用の目安→半額の値段
3LDK170,000円~500,000円→85,000円~250,000円
4LDK220,000円~→110,000円~

格安業者だとこれよりも安い値段で可能になります。

このようにうまく自力で片付ける方法と格安業者との併用をすることで思ったより費用を抑えることが可能です。

ですが、「やっぱりもう少し費用を下げれたらな・・・」と思う方もいますよね。
実は、お金をもっと抑える方法があります。

それは次章でお伝えしますので、そのポイント実際に抑えてゴミ屋敷を時片付けていきましょう。

2.お金の出費を最小限にするゴミ屋敷の片付けポイント4つ

「思ったより費用がかかるな」と思う方や、ここまでみたときに自力でやる方もいるかもしれません。
ですがやはり「格安業者を使いながらやりたい!」と思う方が多いかと思います。
そのなかには「さらに費用を抑えられないかな・・・その方法があれば知りたいな」という方もいることでしょう。

さらに出費を最小限にする方法というのは具体的に4つあります。

  • 価値や需要のありそうなものは買い取ってもらう
  • 大型家具を解体して処分する
  • ゴミ屋敷から近い業者を探す
  • 事前見積りや閑散期に依頼する

上記の4つを知れば、もっと出費を抑えて、出費があまりかからない状態でゴミ屋敷を片付けることもできるかもしれません。
それでは、詳しくお伝えしていきますね。

2-1.価値や需要のありそうなものは買い取ってもらう

ゴミ屋敷から出てきたモノのなかでも、価値や需要のありそうなものはゴミ屋敷業者に買い取ってもらいましょう。
ゴミ屋敷には、意外と価値のあるモノが眠っていることが多いです。

メルカリやヤフーオークション、リサイクルショップなどを用いるのもよいですが、ゴミ屋敷業者の不用品買取サービスが一番手間がかかりません。

不用品買取では以下の不要品を買い取ってくれることが多いです。

【例】

家電
テレビ・冷蔵庫・洗濯機・炊飯器(ガス、電気)・エアコン・電磁調理器・こたつ・室外機・マッサージチェアー・電子レンジ・掃除機・ファンヒーター・換気扇・電気カーペット・給湯器・電気毛布・扇風機・冷風機・コンロ・ホットプレート・ガステーブル・クッキングヒーターなど

●娯楽系
おもちゃ・ゲーム機・ゲームソフト・電子ピアノ・ぬいぐるみ・人形・家庭用滑り台・ゴルフセット・サーフボード・スノーボード・スキー板・スキーブーツ・ボーリングの球・ピアノ・エレクトーン・キーボード・ギター・ベース・ドラム・バイオリン・弦楽器・アンプ・楽器ケース類など

●機械類
ノートパソコン・パソコン本体・ブルーレイレコーダー・コピー機・モニター・液晶ディスプレー・キーボード・プリンター・複合機・プロジェクター・iPhone・iPad・電話機・FAX・FAX複合機・電子辞書・DVDプレーヤー・ブルーレイプレーヤー・CDプレーヤー・MDプレーヤー・ラジカセ・コンポなど

たとえば、家具や掃除機、テレビやピアノなど5,000円で10点買取してくれたとしましょう。そうすると合計50,000円となります。かなり大きい金額ですよね。
ゴミの量によっては費用をまかなえるかもしれません。

もしかしたら自分で片付ける手間が必要なく、ゴミ屋敷業者にすべて任せれるようになる可能性もあります。

ですので、不用品買取をうまく活用して出費を最小限に抑えましょう。

2-2.大型家具を解体して処分する

できるだけお金の出費を最小限にするならば、家具を小さく解体することが大切ですそうすることで、普通ゴミとして出せるため、お金がかかりません。

例えばタンスや机、ベッドなどの大型家具は、基本的に粗大ゴミとして出しますが、自治体によっては有料のところもあります

リスクベネフィットの本社所在地でもある東京都中央区では、家具を処分するのに200~2,800円かかります。

品目処分費用
いす(ソファー以外)200円
傘立て200円
鏡・姿見400円
ソファーベッド1,600円
二段ベッド2,800円

上記は一例で地域によって異なりますが、家具によって粗大ごみ処理手数料になります。

例えば、上記のものが200円のモノが10点、400円のモノが5点、1,000円のモノが3点あるとしましょう。そうすると、7,000円の節約に。

ノコギリが家にない場合は1,600円程度で販売されているので、その場合は5,400円の節約になります。

これは一例なので解体するモノによってはもっと大きな節約になる場合もあるでしょう。粗大ゴミ処理手数料はお住まいの自治体によって変わるので一度調べてください。 

このように、お金の出費を最小限にするならば粗大ゴミに出さなければいけない家具類は自身で解体して、普通ゴミとして処理しましょう。

2-3.ゴミ屋敷から近い業者を探す

清掃してほしいゴミ屋敷から近い場所にある業者を探しましょう。というのは、業者のなかにはガソリン代や出張費を請求するところがあるからです。

片付ける作業以外にかかる出張費や手数料、鑑定料といった出費はできる限り0円のところなどを選び、片付け費用を抑えることを意識してむしょう。

2-4.事前見積りや閑散期に依頼する

ゴミ屋敷業者にも引っ越し業者のように繁忙期や閑散期があるのを知っていましたか?

3月・9月・12月などの引っ越しや大掃除シーズンは費用が特別価格に設定されており、割高になっているところが多いです。

そのため、費用を抑えたい方はこの時期は避けるのがベストです。土日祝といった一般的な休日も費用が高くなるところもあるので気を付けましょう。
もし「土日祝しか休みがない」という場合であれば、立ち会い不要のゴミ屋敷業者に依頼して平日に片付けてもらうといった方法もあります。

また、急に依頼をすると割増料金をとられる場合があるので、ゴミ屋敷業者に依頼する場合は事前見積りをしましょう

ポイントまとめ

  • 3月・9月・12月などの引っ越しや大掃除シーズン、土日祝は避ける
  • 前もって事前見積もりをする
  • (土日祝や繁忙期しか休みがない人)立ち会い不要のゴミ屋敷業者に依頼して平日に片付けてもらう

3.格安のゴミ屋敷業者に依頼するためのポイント3つ

「格安のゴミ屋敷業者に依頼して、逆に高額になってしまった・・・」とならないようにしたいですよね。

そこで、格安のゴミ屋敷業者に依頼するためのポイントを紹介します。

  • 相見積もりをとる
  • 買取りをしているゴミ屋敷業者に依頼する
  • ゴミ屋敷業者の口コミを調べる

依頼するゴミ屋敷業者選びは、この3つをおさえることが大切です。

3-1.相見積もりをとる

ゴミ屋敷業者に依頼するときは必ず、相見積もりをとりましょう。相見積もりは、複数の業者から見積もりをとって比較をすることです。

そうすることで、各業者の具体的な作業料金や相場観を知ることができます。また、明細を出してもらうことで、他の業者に交渉することもできるので便利です。

あまり多すぎると比較するのが大変なので、目安として2~3社から見積もりを取るとよいでしょう

いくつかの選択肢から選ぶことができるので、よりよい業者を見つけることができます。

しかし、追加費用を請求してくる悪徳な業者もあるので、費用が明らかに安いところには気をつけましょう。

3-2.買取りをしているゴミ屋敷業者に依頼する

買取りをしているゴミ屋敷業者に依頼するのも1つのポイント。

なぜ買取りをしているゴミ屋敷業者に依頼するのがよいのかというと、ゴミ屋敷業者の中には、清掃と不要品回収のみを扱っているところがあるためです。

その場合、もし売れそうなモノや新品のモノがあっても、そのままゴミとして回収されてしまいます。

ですので念のため、買取りもしている業者を手配しましょう。

3-3.ゴミ屋敷業者の口コミを調べる

インターネットを利用して、依頼を検討しているゴミ屋敷業者の口コミや評判を調べることも大切。

なぜなら、依頼した人のリアルな声を見ることができるからです。

普段あまり検索する癖のない方は、ホームページだけを見て依頼するパターンがほとんど。ホームページだけでは、業者の良し悪しは分かりません。

ですので、口コミを見ることは大切です。
良い評判だけでなく、悪い評判もしっかり見るようにしましょう。

そして、あまりにも悪い評判が目立つ場合、見積もりをすみずみまでしっかりと読んだり、ゴミ屋敷業者に疑問点をしっかり質問しておくことが大切です。

安い業者で失敗しないためにも、口コミはしっかりと調べることをおすすめします。

4.安いゴミ屋敷業者を選ぶ時の注意点

「安いゴミ屋敷業者を見つけた!」となにも考えずに依頼してしまうのは非常に危険です。安いゴミ屋敷業者を選ぶときの注意点を抑えた上で、しっかりと選びましょう。

  • 格安・激安の理由をしっかりと確認する
  • ゴミ回収だけでなく清掃費用も含まれているか確認する
  • 免許や許可のある業者を選ぶ

そうすることで、悪徳な業者に当たる確率がグンと下がります。

4-1.格安・激安の理由をしっかりと確認する

ゴミ屋敷業者のなかには「格安・激安」「地域最安値」と謳っているところも多いですが、その理由をしっかりと確認するようにしてください。

格安・激安の理由の一例

  • 広告費を抑えている
  • 独自の処分ルートをもっているので処分費が安い
  • 少数精鋭でおこなうため、人件費が余分にかからない

このように、安価な理由をしっかりと明記しているところを選びましょう
しかし、このような業者のなかにも悪徳なところがあるので、気をつける必要があります。

よくある例としては基本料金のみを記載し、のちに追加料金を多くとることで、結果、他の業者よりも高額になってしまうというケースです。

また、業者が不用品を違法に放棄すると罰金の対象に。これは違法に放棄した業者だけでなく、依頼者側も刑罰の対象となります。
(参考:廃棄物の処理及び掃に関する法律

「知らなかった」では済まされないので要注意です。

このようなリスクもあるので「格安・激安」などの謳い文句は非常に魅力的に感じますが、しっかりと見極めなければいけません。

そのためにも安い理由をしっかりと把握しておきましょう。

4-2.ゴミ回収だけでなく清掃費用も含まれているかを確認する

ゴミ屋敷は害虫や悪臭、カビなどが発生していることがほとんどです。そのため、ゴミだけを片付けても害虫や悪臭、カビは残ったままになります。

「せっかく片付いたのに何か汚い・・・」そうならないためにも、片付け後に清掃や除菌、害虫駆除などをしてくれるかどうかも確認してください。

もし、見積書のなかに記載されていない場合は「清掃費用も含めて出してください」とお願いしましょう。

4-3.免許や許可のある業者を選ぶ

ゴミ屋敷業者を無免許や無認可で運営しているところもありますが、そういった業者は避けましょう。
環境省からも無許可のところは利用しないように注意喚起がされています。
(参考:環境省

安いゴミ屋敷業者でも以下のようなところを探してください。

このような免許や許可があるかチェック

  • 一般廃棄物処理業の許可がある
  • 優良事業所認定を受けている
  • 古物商許可証などの免許を持っている
  • 関連団体からの表彰実績などがある

このように、きちんと許認可があるところや実績のあるところを選びましょう

安くて無認可や無免許のところを選んでしまうとかえって高くつくことも。そうならないためにも安さだけでなく、ある程度の質を求めることが大切です。

ですので、免許や許可のあるゴミ屋敷業者を選んでください。

5.ゴミ屋敷清掃はリスクベネフィットにおまかせ!

「お金をあまりかけることができない、、」などといった場合、自力で片付けてできない部分はプロに任せることが一番です。

リスクベネフィットは、業界の施工基準として認められるほどの実績や高い技術を提供してきました。

長年培ってきた技術、経験を活かしてゴミ屋敷を片付け、消毒、ハウスクリーニングまで対応しています。

高い技術はもちろんのこと、お客さまのニーズに答えれるよう常に最善を意識。

  • 依頼者に寄り添った方法を提案
  • 業界最安値を誇る

このポイントから、さまざまな事情がありながらもゴミ屋敷をきれいな状態に片付けたいという願いを叶えてくれます。

5-1.依頼者に寄り添った方法を提案

リスクベネフィットではお客さまのニーズに合わせてオーダーメイドでのごみ屋敷清掃が可能です。

お客さまの要望例

「男性に片付けてもらうのはなんだか恥ずかしい」という場合は女性スタッフが清掃

「立ち会いなしで片付けてほしい」という場合には、立ち会いなしで清掃をおこなう

このように、お客さまのニーズに合わせて最善な方法を提案し、清掃を可能にしています。

5-2.業界最安値を誇る

リスクベネフィットは数ある特殊清掃業者のなかでも業界最安値。

なぜなら、他社よりも原価を下げることができるからです。リスクベネフィットは特殊清掃業者のトップランナーとして技術の提供やさまざまな用品の販売をおこなっている立場だからこそ。

そのため、高い水準の技術を維持しながらも業界最安値を誇っています。

ごみ屋敷清掃を依頼したい方やごみ屋敷でお困りの方は、リスクベネフィットにご相談ください。

6.まとめ

今回はお金のない場合のゴミ屋敷の片付けポイントや費用をできるだ抑えるか片付け方についてご紹介しました。

そのためにまずは自分のかけれるお金や手間に応じてやるべき行動や費用の抑え方を知ることが大切です。

すべて自力でするのがおすすめな人

  • お金がほとんど用意できない
  • 買い取ってもらえるような不要品もない
  • どれだけ手間や労力がかかってもいいからお金をかけたくない方

自力と格安業者の併用がおすすめな人

  • 2~15万円程度ならお金を用意できる
  • 手間と費用、どちらも最小限にしながらもゴミ屋敷の片付たい方
  • 清掃までプロにきっちりおこなってもらってきれいにしたい

自身の精神的負担もかなり軽くなるので、「後者の併用で何とかしたい」と思う方が多いと思います。

そこで、最後にこの記事のおさらいをしましょう。

お金の出費を最小限にするゴミ屋敷の片付けポイント4つ

  • 価値や需要のありそうなものは買い取ってもらう
  • 大型家具を解体して処分する
  • ゴミ屋敷から近い業者を探す
  • 事前見積りや閑散期に依頼する

事前見積もり、閑散期に依頼する時のポイント

  • 3月・9月・12月などの引っ越しや大掃除シーズン、土日祝は避ける
  • 前もって事前見積もりをする
  • (土日祝や繁忙期しか休みがない人)立ち会い不要のゴミ屋敷業者に依頼して平日に片付けてもらう

格安のゴミ屋敷業者に依頼するためのポイント3つ

  • 2~3社から相見積もりをとる
  • 不要品買取りをしているゴミ屋敷業者に依頼する
  • ゴミ屋敷業者の口コミを調べる

安いゴミ屋敷業者を選ぶ時の注意点

  • 格安・激安の理由をしっかりと確認する
  • ゴミ回収だけでなく清掃費用も含まれているかを確認する
  • 免許や許可のある業者を選ぶ

免許や許可のある業者を選ぶポイント

  • 一般廃棄物処理業の許可がある
  • 優良事業所認定を受けている
  • 古物商許可証などの免許を持っている
  • 関連団体からの表彰実績などがある

上記の内容をうまく活用することで、費用と手間をできるだけ最小限にしたゴミ屋敷の片付けが実現します。

この記事が、ゴミ屋敷の片付けの一歩に繋がりますと幸いです。