孤独死の死臭はどんな匂い?腐敗臭の脅威と完全な消臭方法

トピックスTOPICS

トップページ>特殊清掃トピックス>孤独死清掃

孤独死の死臭はどんな匂い?腐敗臭の脅威と完全な消臭方法

「孤独死が起きるとどんな匂いがするのだろう」
「死臭は強烈って聞くけど本当?自力で消すことはできるのかな」

孤独死で遺体が放置されると、僅か数日で人間の体は腐りはじめます。
このとき、発生するのがいわゆる死臭(腐敗臭)で、孤独死のほとんどが「匂い」で発見されることからわかるように、かなり強烈です。

強烈な匂いは腐敗が進むと部屋中に蔓延し、やがては外に漏れ出て建物全体にまで被害を及ぼします。

詳しくは後述しますが、この「匂い」を完全に消し去ることができるのは特殊清掃業者だけです。

自力処理では、柱や壁や床に染みついた死臭が、数日するとまた戻ってきてしまいます。
脳にまで異様な匂いが刷り込まれて忘れられない、といった精神的ダメージを受ける可能性もあります。

本記事では、そんな手強い『孤独死で発生する死臭』とはどんな匂いなのか?、どうすれば完全消臭できるのか? を、わかりやすく解説します。

最後に、特殊清掃業者の完全消臭の内容についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

あなたが抱えている辛いお悩みの解決に、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

1.孤独死で発生する死臭はどんな匂い?

孤独死で発生する死臭は、たとえていうと『クサヤやチーズ、生ゴミが腐敗したような匂いです。

クサヤについて注釈すると、魚の干物の一種で、普通の干物は乾燥させるだけですがクサヤは「発酵」させてあります。
大豆を「発酵」させた納豆に臭みがあるのと同じで、クサヤは普通の干物より臭います。
名前にまでなっているほど「クサい」のです。

死臭は、そのクサヤが腐敗して臭気が数倍、数十倍になったような匂いです。

匂いのレベルは遺体の状況にもよりますが、人間の体は当たり前ですがクサヤやチーズ、生ゴミよりはるかに大きいので、尋常ではないほどの悪臭といっていいでしょう。

2.孤独死の死臭の「匂い」の原因は遺体の腐敗

死臭は「腐敗臭」「腐乱臭」とも呼ばれていて、匂いの原因は遺体の腐敗です。

人間の体内には、実は常日頃から微生物やバクテリアなどの細菌が潜んでいます。
生きている間は免疫作用によってこれらが増殖することはありませんが、死亡して免疫作用がなくなると細菌は一気に増殖します。

増殖した細菌が遺体を分解することで腐敗が始まり、死臭とよばれるガスが発生するのです

孤独死の死臭(腐敗臭)は、一般に、夏場であれば23日、冬場でも57日程度で発生するといわれています。

ただし、亡くなった人の体質や部屋の環境によって腐敗の速度はさまざまです。
また冬場でも、暖房が機能した部屋やこたつの中など温度の高い所で孤独死した遺体は早く腐敗が始まることから、死臭の発生も早まります。

3.廊下の異臭は「孤独死の匂い」かも?

お住まいの廊下に出た瞬間、または何気なく廊下を通り過ぎたとき、『嗅いだことのない匂い』がしたら、近くの部屋の孤独死を疑った方がいいかもしれません。

ここまで解説してきたように孤独死の匂いは強烈なのですが、状況によっては周囲に洩れにくく、「廊下に何となく漂う異臭」程度になります。

たとえば以下のような場合です。

  • 部屋の中のドアや障子がすべて閉まっている
  • 冬場や暖房が止まっているなどで室温が低い
  • 換気扇が回っていない
  • 奥まった場所で亡くなっている

多くの人は死臭を嗅いだ経験がないので、少しの異臭がしてもすぐさま孤独死を疑ったりはしません。

そんな事が起きて欲しくないという気持ちも手伝って、「下水の匂い?」「生ゴミの放置?」といった想像をしますが、実際は、異臭の元が孤独死だったケースは、下水や生ゴミが原因だったケースに勝るとも劣らない数になっています。

孤独死は発見が遅れるほど腐敗が進みます。遺体の腐敗は、次章で後述するように建物全体にまで恐ろしい影響を及ぼします。

仮に匂いの元が下水や生ゴミだったにしても、早く対応するに越したことはないので、廊下で「嗅いだことのない匂い」を感じたら、すぐに大家さんや管理会社に連絡するようにしましょう。

4.恐ろしい「孤独死の匂い」の脅威

孤独死のほとんどは「匂い」によって発見されます。
それほど、孤独死から発生する腐敗臭は異様でひどいものなのです。

遺体の腐敗が進むにつれ「匂い」の範囲は広がり、以下のような悪影響を及ぼします。

  • 隣近所の部屋まで匂って消えない
  • 匂いからハエやウジが発生する
  • 建て替えが必要になる

脅威ともいえる「孤独死の匂い」について、それぞれ解説していきます。

4-1.隣近所の部屋まで匂って消えない

建物の構造にもよりますが、腐敗が進んでいくと、孤独死の「匂い」は隣や近くの部屋にまで広がります。
自室にいて、異様な匂いが隣から漂ってきたために、隣家の住民が苦情を出して孤独死が発見されるケースも少なくありません。

死後数十日を経て発見されたあるケースでは、通報した隣家の匂いがひどかったため、遺族が現場の部屋だけでなく隣家まで業者に特殊清掃を依頼しました。
ところが、清掃後数日して、センサーなどで残留異臭がないことが証明されても、隣人は「まだ匂う」と主張してきたといいます。

これはPTSDの一種で、衝撃的な「匂い」が脳に刷り込まれて、いつまで経っても消えなくなってしまったのです。

このように、孤独死の匂いは、隣近所に住む人たちの精神まで蝕んでしまうほど強烈で脅威的です。

4-2.匂いからハエやウジが発生する

孤独死から発生する匂いは、ひどくなるとハエやウジの大量発生の原因となります

前述したように、人が死亡すると細菌が増殖し、それらが遺体を分解する過程で発生するのが腐敗臭(死臭)ですが、腐敗が進むとこの「匂い」を嗅いで、ハエやウジなどの害虫が湧いてくるのです。

害虫は腐敗している場所に卵を産みつけて増殖していき、さらなる悪臭を生み出すという悪循環が起こります。

さらに、孤独死が発見されて、警察や関係者、業者が部屋に出入りすることで、害虫は外部にまで漏れ出し建物全体を蝕んでいきます。
ハエやウジは遺体の中に存在していた病原菌をも取り込んでいる危険性があるため、孤独死の処理をする際には害虫駆除が必須になります。

4-3.建て替えが必要になる

遺体が長く放置された孤独死では、死臭はどんな方法で脱臭しても除去できず、リフォームが必要になることがあります。

腐敗した遺体を長期間放置していると、体から流れ出た体液が床や畳に染みこんで床材まで腐敗してしまいます。
階下の部屋に体液が垂れ落ちてきて大騒ぎになる、といった事態も稀ではありません。

こうなってしまうと、既に床や畳を交換すれば済むといった段階ではなく、建物を解体して建て替えなくてはならなくなります。

すべてを壊さなければ完全に取り除くことができないほど、死臭は強く濃く染みついてしまうのです。

いかがでしょう。
万一、このような孤独死に関わる事態になった場合は、窓や扉をしっかり閉め、通気口をテープで塞ぐなど外に匂いが漏れないよう配慮した上で、特殊清掃を請け負う業者に連絡しましょう。

くれぐれも自力で処理しようとしたり、ハウスクリーニングを頼んだりしないようにしてください。

孤独死の匂いの除去は、特殊清掃業者一択である理由は次章で解説します。

5.孤独死の匂いは特殊清掃業者に任せるべき

特殊清掃業者とは、ゴミ屋敷や事件・事故現場の掃除、孤独死があった部屋の掃除を行う業者のことです。
孤独死から発生する「匂い」の除去は、特殊清掃業者に任せるべきです

理由は3つあります。

  • 匂いは素人の清掃では消えない
  • 腐敗臭には健康被害のリスクがある
  • 自力処理は精神的ダメージが大きい

特殊清掃業者とそれ以外のハウスクリーニング業者の決定的な違いは、「死臭を消すことができるかどうか」という点です。
死臭を消すための知識や技術、専用の薬剤を持っているのが特殊清掃業者です。

この章では、孤独死の匂いの除去が特殊清掃業者でなくてはならない理由を詳しく解説します。

5-1.匂いは素人の清掃では消えない

特殊清掃業者に任せるべきといえる第1の理由は、個人で手に入る限りの強力な消臭剤を使用しても、素人の清掃で腐敗臭は消えないからです。

夏場や、暖房のついた室温が高い部屋では2日ほどで遺体の腐敗は進み、これまで述べてきたような「嗅いだことのない」「強烈な」腐敗臭がするようになります。
冬場や低温の状態でも、1週間も経過すると同じ様な状態になります。

腐敗臭は、遺体を運び出した後も部屋の建材や家具に染み付き、長い間残ってしまいます。

自力で処理した場合、匂いを完全に除去できたと思っても、ほとんどの場合、数日経つと匂いが戻ってきます。

腐敗臭を完全に永遠に消しさる技術や設備を持っているのは、特殊清掃業者だけです。

5-2.腐敗臭には健康被害のリスクがある

腐敗臭を自力で処理しようとすると、孤独死のあった現場に長時間立ち入ってあちこち触れなくてはなりません。
そのような行為には以下のような健康被害のリスクがあります。

  • 結核菌などの空気中にあるウイルス感染
  • 体液に含まれた病原菌からのウイルス感染
  • 血液からのHIV感染
  • 害虫害獣による伝染病感染

この他にも、孤独死のあった部屋は荒れた状態であることが多く、カビ菌などによる健康被害も考えられます。

孤独死現場の処理を専門で行う特殊清掃会社では、危険性を予測し、防護服、防毒マスク、ゴーグル、腕カバー等を装着し完全防備で除臭作業を行います。
これらの道具や特殊な消臭剤を個人で揃えようとすると、何万円も掛かってしまいますし、有資格者でもない素人では、専門の道具を使いこなすことは難しいでしょう。

健康被害を被らないためにも、孤独死の匂いの処理は特殊清掃業者に任せるべきです。

5-3.自力処理は精神的ダメージが大きい

孤独死の現場を目の当たりにするということは、人の精神に大きなダメージを与えます
目にする光景もそうですが、匂いはさらに強烈です。

親や、親しい人であれば尚のこと、ひどいショックを受けるでしょう。

隣家の孤独死の後遺症で、部屋が脱臭されても匂いが消えない人のエピソードを前述しましたが、他人事ではありません。
親しい人の腐っている臭いを、自分の鼻で嗅ぐことを想像してみればわかると思います。

自力で処理しようとして腐敗現場に立ち入り、腐敗臭を嗅ぎ続けたら、たとえ除臭ができても「孤独死の匂い」はその人の記憶から消えなくなります。

精神を崩壊させないためにも、処理は特殊清掃業者に一任しましょう。

6.リスクベネフィットは特許技術で完全消臭を実現!

リスクベネフィットは、2012年、まだ特殊清掃という業種が世間に認知されていない時代に、創業者の「リスクに対処する術を供給する」という強い思いから誕生しました。

当社は、長年の特殊清掃作業で培った特許技術によって、孤独死現場の腐乱臭の完全消臭を可能にしています

6-1.「3つの工法」で完全消臭

リスクベネフィットは「3つの工法」で、孤独死の匂いを完全消臭します。

【薬剤散布】
孤独死現場では主に「酵素」「加速化過酸化水素」の2つを用いて薬剤散布を行います。
共に人畜無害の物で安心して利用できます。

【オゾン燻蒸】
オゾン燻蒸とは、地球上で2番目に強い物質のオゾンを有効に管理して臭気成分を酸化分解していく事で、換気に2年かかる臭気を1~2日程度で分解します。

【コーティング】
専用のコーティング剤シャダーンを用いるコーティングは、強固な皮膜を形成し、臭気の染み込んだ物質を封じ込めます。

薬剤散布やオゾン燻蒸など当社の特許サービスを真似る業者は多くいますが、容量や用法、気温など様々な条件で消臭の結果は変わってきます。当社の特許技術では「完全消臭」をお約束します。

6-2.業界最安値

リスクベネフィットは業界最安値を誇ります

特殊清掃会社の多くは様々な団体に属しており、技術や特殊清掃用具を購入しているため、団体加盟料や技術使用料などの経費が掛かりますが、当社は特殊清掃業界のトップランナーとして、技術を提供したり様々な用品を販売しています。
すなわち、他社よりも原価を下げる事が出来ています。

緊急を要する方には、『孤独死パック:78,670円』の初期サービスもご用意していますので、24時間受付の無料相談・お見積もりをご利用ください。

7.まとめ

孤独死で発生する死臭は、クサヤやチーズ、生ゴミが腐敗したような匂いです。
死臭は「腐敗臭」「腐乱臭」とも呼ばれ、匂いの原因は遺体の腐乱です。

死臭は遺体の腐乱が進むにつれて匂う範囲を広げ、周囲にまで悪影響を及ぼします。

  • 隣近所の部屋まで匂って消えない
  • 匂いからハエやウジが発生する
  • 建て替えが必要になる

こうした孤独死の匂いは素人の清掃で消臭することが難しい上、自力で処理しようとすると健康面、精神面双方に大きなダメージを与えるため、特殊清掃業者に任せることをおすすめします。

孤独死の匂いでお悩みの方に、この記事が少しでも役立つことを祈っています。