ペットの臭いが車につく原因と具体的な消臭ステップを徹底解説

トピックスTOPICS

トップページ>特殊清掃トピックス>犬猫消臭清掃

ペットの臭いが車につく原因と具体的な消臭ステップを徹底解説

「車にペットを乗せているけど臭いってついてしまうの?」
「車にペットの臭いがつく原因って何?」
「どうすれば車に残るペットの臭いを消せるの?」

など、あなたは今、車のペットの臭いに悩んでいませんか?

実は、車のペット臭に関しては、ペットの毛が見えないところに入り込んでいたり、汗がシートに染み付いていたりと原因は様々です。そのため、ペット臭の原因を特定して、除去していく必要があります。

ペット臭を取るのは簡単なことではないため、「もうプロの人にお願いするしかないのかな?」と考える人もいるかもしれません。

しかし、実は、自身の車のペット臭の原因を押さえ、正しいステップで掃除をすれば車内のペット臭は除去することができます

そこで、本記事では、ペット臭を車から除去するために必要な情報全てについて紹介していきます。

さらに、車内のペット臭は事前に予防することができるため、その具体的な対策についても解説していきます。

本記事を読むことで、車についているペットの臭いの原因を理解し、正しいステップで車内のペット臭を除去することができるようになるでしょう。

1.車に残るペットの臭いの原因は汗や毛

車内のペットの臭いが気になる場合、「ペットの臭いの原因は何か?」を理解していなければ、どのように掃除をすればいいのか、どのような消臭方法が最適なのか分からないことでしょう。

そこで、車にペットの臭いが残る下記原因について詳しく解説していきます。

  • 汗、皮脂
  • 唾液、口臭
  • 尿や糞

1-1.汗、皮脂

ペットの中でも、特に犬を車に乗せる人は多いと思いますが、犬の汗は車内の臭いの大きな原因となります。車内のペット臭の1番の原因は、汗にあると言っても過言ではないでしょう。

実は、犬は全身にアポクリン腺を持っているという特徴があります。

アポクリン腺は、人間だと脇や陰部など一部のみに存在していて、皮脂腺とつながっており、ここから皮脂を含む粘り気のある汗が出ます。汗自体は無臭ですが、皮脂が酸化すると皮脂を餌にする雑菌が繁殖し、臭いを発生させるのです。

人間でも脇から出る汗が臭くなりやすいように、犬は全身から出る汗が臭くなりやすいのです。

そのため、犬を直接後部座席などに座らせることで、汗がシートに染み付いて、車に臭いが残ってしまいます

車内のペットの臭いを解消するためには、ペットの汗が染み付いたシートから汗を除去し、消臭スプレーなどで臭いを抑える必要があります。

1-2.唾液、口臭

また、車の中にペットを乗せた際に、唾液がシートやフロアマットに染み込んで臭いにつながることもあります。

動物であれば、胃や小腸とつながっている口から臭いがするのは当然のこととも言えますが、特に夏の暑い時期など口の中が乾燥すると唾液や口臭が臭くなります。

そのため、ペットの口臭によって車内に臭いがこもったり、唾液がシートに染み込んで臭いにつながったりすることがあるのです。

特に、一部の犬種はよだれが多いので注意しましょう

口臭だけであれば、一定時間、車内の換気をすれば臭いは解消されますが、唾液がシートについた場合には、汗と同様にシートから唾液を拭き取り、消臭を行う必要があります。

1-3.毛

意外かもしれませんが、ペットの毛も臭いの元になります車内でペットの毛が散らばり蓄積することで、臭いが発生するのです。

汗や唾液と比べると、ペットの毛自体から異臭が発生することは想像しにくいかもしれません。

しかし、毛には大気中の汚れやペットの汗などが絡まりやすいために、臭いの発生源となってしまうのです。

また、ペットの毛は飛散しやすいという性質から、気がつかないうちに車のあらゆる場所に入り込み、蓄積されてしまうことがあります。

汗や唾液、尿や糞と比べても、ペット臭の原因として気がつきにくいという点が毛の厄介な点と言えるでしょう。

特に毛が生え変わる換毛期に車に乗せると、収集がつかないほど毛が抜けるので注意が必要です。

車内のペットの臭いを解消するためには、車内の隅々に散らばった毛を除去しなければなりません。

1-4.尿や糞

言うまでもないことですが、車の中でペットが粗相をしてしまい、臭いにつながることもあります。

特に、猫の尿は老廃物が濃縮されていて、臭いがきつくなりやすいため、車内で粗相をしてしまうと消臭が難しくなってしまいます。

一方、犬の尿や糞は猫と比べれば臭くないことが一般的ですが、与えた餌やその日のコンディションによって臭いは変わってきます。また、消化不良を起こせば、いつもより臭くなることも考えられるため、油断はできません。

ペットが車内で尿や糞をしてしまった場合には、なるべく素早く臭いの原因となる尿や糞を取り除き、強力に消臭をする必要があります。

2.車内のペット臭の原因を放置すると細菌が繁殖して悪化することも

ペットの臭いが車に残ってしまう原因としては、汗や唾液、毛や糞尿など色々ありますが、臭いの原因を放置しておくと状況がひどくなってしまうので注意が必要です。

汗や唾液、毛や糞尿が放置された場所がダニの温床になったり、細菌が繁殖したりして臭いがひどくなってしまうのです。

臭いが悪化するだけではなく、例えば、車内に蓄積された毛が人の体内に入り、アレルギーや感染症を起こすことすらあります。

また、臭いの原因を放置すると、車を売却する時の査定にも大きく響くことになります。

放置することで臭いの原因の特定や除去が難しくなって、特殊なクリーニングが必要となり、査定の際に数万円以上減額されるという結果につながってしまうのです。

これらのことから、車内のペットの臭いについては、気がついた時点で早急に対処することが大切になります。

次章では、車のペットの臭いを取るステップについて具体的に解説していきます。

3.車内のペットの臭いを取るための4ステップ

車内のペットの臭いを取るための4ステップを紹介します!

3-1.ペットがいた場所の臭いを重曹で消す

車内のペット臭に悩んでいる人にぜひ試してほしい方法は、ペットがいた場所の臭いを重曹で消すことです。

犬を車に乗せている人がペット臭で悩む原因として、まず最初に考えられるのは、犬の汗がシートについてしまっていることです。

そのため、臭いを除去する効果があり、さらに安全性にも定評のある重曹をシートなど臭いが気になる部分に振りかけ、しばらくしてから掃除機で吸うことを試してみてください。

軽度のペット臭であれば、これだけで除去できてしまうでしょう。

唾液や汗がシートに深く染み付いてしまっている場合や、重曹を最後に掃除機で吸うのが手間という場合には、重曹を溶かした水で絞った雑巾でトントンと叩くようにして消臭することをおすすめします。

重曹の量は、バケツ一杯の水に大さじ2杯くらいで大丈夫です。

ただし、革製のシートの場合には、重曹を使うと変色してしまう可能性があるので注意してくださいね。

3-2.さらに消臭スプレーでペット臭を撃退

軽度のペット臭であれば重曹によって安全に手軽に消臭が可能ですが、臭いが蓄積している場合や重曹では臭いが取れなかった場合には、市販の消臭スプレーを利用してみましょう。

おすすめの消臭スプレーは4章「4.車内のペットの臭いを取るおすすめ商品」で紹介していますが、別の臭いをかぶせてペット臭をごまかすタイプのものではなく、臭いの元にアプローチしてくれるものをおすすめします。

なぜなら、別の臭いをかぶせる芳香剤のようなものであると、ペットの臭いと混じって、余計に臭く感じてしまうことがあるからです。

臭いの原因がペットの汗や唾液であれば、ここまでの過程でほぼ臭いはなくなっているはずです。

ペットの糞尿が臭いの原因である場合でも、すぐに糞尿を取り除けば、重曹や消臭スプレーで除去することが可能です。

3-3.見落としがちな毛を除去して臭いの原因を残さない

ペット臭除去の過程で、意外と苦労するのが、毛から発生するペット臭の除去です。

汗や唾液、糞尿と比べると臭い自体は強くないのですが、軽くて散らばりやすいために、除去することが難しいという性質があります。掃除が1番難しいのは、「毛」と言えるでしょう。

車内の毛を除去するため、まずは、ハンディ掃除機などでシートに散らばった毛を除去します。

その後、ペットを乗せていたシート周辺だけでなく、トランクルームなどを含めた車内全体に掃除機をかけて毛を取り除きましょう

フロアマットをひいている場合には、フロアマットから毛を除去した後、取り外して外に出しましょう。

そして、ペットの毛がフロアマットの下にも入り込んでいないか確認し、掃除機で除去してください。

掃除機で車内の毛を全体的に除去した後は、狭い箇所に入り込んだ毛や掃除機では吸いきれない毛を除去していきます

下記のような場所に毛がついたり入り込んだりしているので、確認しながら念入りに除去していきましょう。


ペットの毛が窓に貼りついていることもあるため、雑巾などで拭き取りましょう。

天井
ペットの毛が天井についていることもあるので、車用のウェットティッシュやモップで天井を拭きましょう。

シートの下
ペットの毛がシートの下に入っていることもあります。コロコロや掃除機などでしっかりと除去してください。

ダッシュボード
ダッシュボードやハンドルなどにも毛がついていることがあるので、こちらも車用のウェットティッシュやモップを利用して除去していきましょう。

エアコン
エアコンのフィルターに毛が蓄積している場合があります。自分で掃除をするのは難しいですが、できればフィルターを外して水洗いをし、最後に乾燥させることをおすすめします。

上記のような場所から毛を除去するグッズとしては、ハンディモップやガムテープ、ブラシ、雑巾を使うことをおすすめします。

3-4.最後に車内の換気も忘れずに!

最後に車内の窓やドアを開けて換気を行いましょう晴れた日に安全な場所で10分程度換気を行ってみてください。

空気の入れ替えを行うことで、車内にこもったペット臭を解消していきましょう。

以上、車内のペット臭を除去するためのステップを紹介しました。

ここまですれば、車内のペット臭はかなり除去できているはずです。

あとは、日々車に乗る際に、5章「5.車内にペットの臭いが発生するのを事前に予防する方法」で紹介する予防法を心がければ、ペット臭に悩まされることはなくなることでしょう。

ただ、車内のペット臭除去のステップに従って掃除をしても臭いが取れない場合には、6章「6.車内のペット臭が消えない場合には、専門家へ相談しよう」を参考にしてみてくださいね。

4.車内のペットの臭いを取るおすすめ商品

車内のペットの臭いを除去するおすすめの商品を厳選して紹介していきます。

評価が高く、多くの人が「効果があった!」と口コミをしている商品のみを選別しました。

下記のような優秀な製品を使って車内から毛を除去したり、消臭を行なったりしましょう!

  • 車内の毛を除去するブラシ『一毛打尽』
  • 車内のペットの臭いに効果的『カンファペット』

4-1.車内の毛を除去するブラシ『一毛打尽』

参照元:Amazon

車内の毛を除去するブラシ『一毛打尽』は、持ち運びがしやすく、車のシートにこびりついたペットの毛をささっと手軽に取ることができます。

掃除機や粘着テープを使っても、シートの繊維の奥に入り込んだ毛を取るのは難しいですが、『一毛打尽』で軽くこすれば、繊維の奥に入り込んだ毛も強力に吸い出してくれますよ。

1年間は使い続けられる経済的な点も大きなメリットです。

4-2.車内のペットの臭いに効果的『カンファペット』

参照元:ペット健康館

『カンファペット』は臭いを発生させる物質を元から分解し、車内のペット臭を消臭してくれる商品です。

臭いを発生させる成分として尿に含まれる「アンモニア」があげられますが、アンモニアが染み付いた車のシートでも発生源から分解し、車内の嫌なペット臭を撃退してくれるのです。

原材料には、人間用の食品添加物として認可を受けているもののみを使用し、東京都から賞をもらった技術によって作られているので、安全性も高いです。

ウサギやマウスを用いた試験によって、目の粘膜や皮膚に対する刺激性がないことが確認されているので、ペットに直接使うこともできます。

ペットショップや動物病院でも使われている『カンファペット』をぜひ試してみてくださいね!

また、ペット臭を除去するためには、安全で消臭効果も高い「次亜塩素酸水」を利用することもおすすめです。

「次亜塩素酸水」については下記の記事で、おすすめの商品を含め紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

5.車内にペットの臭いが発生するのを事前に予防する方法

効果的な商品を利用しながら、車内のペット臭をとるステップの通りに掃除を行えば、車内のペット臭に対処することができます。

ただ、ペット臭が蓄積している場合には、なかなか取りきるのは難しく、掃除に時間がかかってしまったり、自分だけで対処できなかったりすることもあるでしょう。

そのため、ペット臭に対しては、臭いが蓄積するのを予防することが大切になります。

そこで、車内にペットの臭いが発生するのを事前に予防する下記5つの方法について紹介していきます。

  • ペットのケアを定期的に行う
  • ペットを車に乗せるときに洋服を着せる
  • ペットを車に乗せるときはシートに専用のカバーをかける
  • ペットを車に乗せるときはケージに入れる
  • ペットを車に乗せた後、毎回掃除と換気をする

ひとつだけでなく、いくつかの対策を同時に行うと効果がアップするのでぜひ試してみてくださいね。

5-1.ペットのケアを定期的に行う

車内のペット臭の原因としてペットの汗や毛があげられますが、ペットの毛が汚れていたり、皮膚病にかかっていたりすれば、臭いは強くなります。

そのため、ペット自体のケアを定期的に行うことは、車内のペット臭を予防するために必要です。下記に犬と猫の臭いを予防するためのケアをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【犬のケア一覧】

シャンプー
3週間に1度程度を目安にシャンプーを行い、毛や皮膚についた汚れを落として臭い対策をしましょう。シャンプーのしすぎは逆に皮膚に刺激を与えて、臭いが悪化する原因となるので注意が必要です。

ブラッシング
できれば毎日ブラッシングをしてあげると、毛に絡まった汚れを取ることができ、臭い対策になります。

タオルで拭く
散歩から帰ってきたときなど、汚れた足を拭いてあげると、臭い予防になります。

口腔ケア
犬も歯周病になり、歯周病になると口臭がひどくなります。そのため、できれば毎日、歯磨きシートや歯ブラシで歯を磨いてあげるようにしましょう。

肛門腺しぼり
肛門の左右にある分泌腺を肛門腺と言いますが、分泌液がたまると臭いの原因となってしまいます。通常は、便と一緒に出されますが、ペットがお尻を床に擦り付けている場合などには、肛門腺を絞ってあげるようにしましょう。自分で判断するのが難しければ、獣医さんなどに相談してみてください。

よだれのケア
よだれが多い犬種などの場合には、こまめに顔周りを拭いて、よだれのケアをしてあげましょう。

【猫のケア一覧】

ブラッシング
猫は自分で体をグルーミングしているので、臭いはあまりありませんが、定期的にブラッシングをしてあげましょう。それによって毛の汚れなどをケアできるので臭い対策になります。

シャンプー
室内飼いである場合、シャンプーもそれほど必要ではありませんが、2ヶ月に1回程度シャンプーをしてあげましょう。毛に排泄物が絡まって臭いの原因となっている場合に効果的です。

歯ブラシ
猫も歯周病になり、歯周病は臭いの原因となるので、定期的に歯ブラシをしてあげるようにしましょう。

5-2.ペットを車に乗せるときに洋服を着せる

ペットを車に乗せるときに洋服を着せるだけでも、臭い予防に大きな効果が期待できます。

なぜなら、洋服を着せることによって、臭いの原因となる毛の飛散や汗が直接シートにつくことを防げるからです。

普段から着せている洋服があれば、慣れたものを車内でも着させるようにしてください。

ただ、普段から服を着させておらずに、さらにペットが服を着るのを嫌がる場合には、次項以降で紹介する車内シート専用カバーやボックスで対処することをおすすめします。

5-3.ペットを車に乗せるときはシートに専用のカバーをかける

ペットを車に乗せるときに、シートに専用のカバーをかけることをおすすめします。

車内のペットの臭いの原因でも述べたように、犬の汗や尿が直接シートに着くと、嫌な臭いにつながりますし、臭いがついてしまったらシートを雑巾で拭いたりしなければならず掃除も大変です。

そこで、ペットが車に乗るときには、直接シートに体をつけないような工夫をすることが大切になります。

専用のカバーをかければ、ペットの汗や毛がシートに直接つくことはなく、また万が一粗相をしてしまっても、カバーを丸洗いすればOKなので、おすすめです。

5-4.ペットを車に乗せるときはケージやボックスに入れる

ペットを車に乗せるときに、ケージやボックスに入れるという方法もあります。ケージやボックスに入れることで、カバーをかけるのと同様にペットを直接シートにつけずに済み、臭い対策を行うことができるのです。

粗相をしてしまったときにも、ケージやボックスにいれば直接車への影響はないため安心です。

5-5.ペットを車に乗せた後、毎回掃除と換気をする

これが1番大切ですが、ペットを車に乗せた後には、毎回掃除と換気を行うようにしましょう。すぐに行うことで臭いの原因の蓄積を避け、細菌が繁殖して臭いがひどくなるのを予防することができます。

ステップとしては、ペットが触れたカバーやボックス、洋服を車から取り出し、散らばった毛を掃除機で吸い、消臭剤を吹きかけてみましょう。最後に数分間換気をすれば終了です。

ペットが直接触れたカバーやボックス、洋服は水に濡らして固く絞った雑巾で拭いて陰干しをしたり、洗濯をしたりしてすぐに臭いを除去しましょう。

毎回やるのは面倒くさいと感じる人も多いかもしれませんが、すぐに掃除をするのが結果としては1番楽です。

臭いが蓄積した後に車内の掃除をすると、臭いの特定や掃除にかなり時間がかかりますが、毎回掃除をするのであれば、20分程度で終わるでしょう。

6.車内のペット臭が消えない場合には、専門家へ相談しよう

車に残るペット臭を除去するため、3章「3.車内のペットの臭いを取るための5ステップ」で紹介したステップ通りに掃除をしたものの、「ペット臭がまだ残っている!」ということもあるでしょう。

例えば、ペットの毛などが車内の奥深くに入り込んでしまっている場合は、サイドブレーキを分解したりシートを取り外したりしなければ除去できないということもあり、なかなか自分で掃除をするのは難しいです。

また、そもそも臭いがどこから来ているのかを特定するのも自分では難しい場合があります。

そこで、車内のペット臭を除去するのが難しい場合には、カークリーニングの専門家に相談することをおすすめします。

まずは、ペット臭に悩んでいることを明確に伝え、ペット臭が除去できるかを確認してください。

そして、ペット臭を除去するための料金をはっきり提示してくれる業者を選ぶことをおすすめします。

7.まとめ

本記事では、

  • 車に残るペット臭の原因
  • 車に残るペット臭を除去する具体的な方法
  • 車に残るペット臭を除去するおすすめ商品

について、解説しました。

ペット臭の原因は、下記のようなものが考えられます。

車に残るペットの臭いの原因

  • 汗、皮脂
  • 唾液、口臭
  • 尿や糞

そして、ペット臭を除去するステップは下記の通りです。

ペット臭を事前に予防するためには、下記のような対策を行うと良いでしょう。

車内にペットの臭いが発生するのを事前に予防する方法

  • ペットのケアを定期的に行う
  • ペットを車に乗せるときに洋服を着せる
  • ペットを車に乗せるときはシートに専用のカバーをかける
  • ペットを車に乗せるときはケージに入れる
  • ペットを車に乗せた後、毎回掃除と換気をする

本記事を読むことで、車についているペットの臭いの原因を理解し、正しいステップで車内のペット臭を除去できるようになれば幸いです。

<その他の参考URL>

カウンセラーが解説!犬の臭いの原因と対策とは
https://www.green-dog.com/cocokara/physical_healthcare/other_physical_health_cares/how-to-make-your-dog-smell-better-68/#:~:text=臭いの元は、アポクリン,臭さ)になります。

絶対に必要なの? 犬や猫の肛門腺絞りについて
https://tsuda-vet.com/絶対に必要なの?%E3%80%80犬や猫の肛門腺絞りについて/#誤解されていることの多い肛門腺絞り