火災煤除去清掃

事業内容BUSINESS

トップページ>事業内容>火災現場清掃>火災煤除去清掃

火災の煤を完全除去、プロが事例で教える火災煤除去清掃方法

火災煤除去清掃

火災が発生するとまず大量の煤が発生いたします。煤の清掃や除去をどうすればよいのか?お悩みの方も多数いらっしゃいます。そこで火災の煤にスポットを当てて当社の施工事例を用いて火災煤の清掃方法をご紹介いたします。

火災煤清掃のPOINT

1煤清掃でいきなり水拭きはNGです

煤清掃というとまず拭かなければ!と思う方が殆どでありますが、それは大きな間違いです。
火災の煤には油を多く踏んだ場合や放水などで水分を多く含む場合など様々です。水気を含んだままですと、拭いても拭いても煤が伸びるだけで拉致があきません。
火災煤除去清掃

2布類をいきなり選択するのはNGです

衣類やぬいぐるみなどに煤がまわって洗濯機で洗濯しようとしていませんか?それは一部正解で一部間違いです。
煤が多量に含んだ状態で洗濯をすると洗濯機の中で煤が溜まります。様々な衣類に煤がついてしまって健康被害の元になります。ですからまず一度浴室などで手洗いで洗い流してから洗濯する事をお勧めします。
火災煤除去清掃

火災煤の清掃作業事例

それでは火災現場の煤清掃方法を、施工事例を用いてご紹介いたします。
火災が発生して煤清掃を行う前にまず一度お読みください。

スケルトンからの火災煤清掃

火災が発生しますと必然的に発生してくる作業があります。
【火災解体】です。

当社では火災現場復旧専門会社として、解体届も提出していますのでご安心してください。

そこで簡単な大まかな部分はブラシ等でこすり足付け作業を進めます。
軽い付着部分でありますと、火災の煤は簡単に落とす事が可能でございます。

ある程度、火災の煤を除去しましたが、壁にはまだまだ多くの煤が付着しております。

当社では、ここから残っている煤を無害化する事が可能です。
酸化分解法を用いて、有害な物から無害な物質に変える事で、煤が残っていても再利用できる空間を作れるのです。

従来であれば、煤を完全に落とす為にグラインダーなどで完全に除去を行いましたが、当社の工法よりも倍以上の時間を有します。

その為当社では有害物質の無害化+特殊コーティングによる火災復旧ハイブリット法を推奨しています。
(特許出願中の技術でありますので、無断使用は固く禁じます。)

ご利用をご検討のお客様へ
0120-08-7867
24時間受付 年中無休 即日対応
もう少し詳しく簡潔に当社の業務を知りたい場合はこちら

消火器で消化後の煤清掃

今回の火災の煤清掃は、工場で火災が発生してすぐに消火作業に入り、消火器にて火災を止めた現場であります。

消火器を工場内で巻きましたので、煤の清掃と消火の粉の清掃両方になります。

消火器の粉は消化後に固まり、コンクリートなどには強く付着しています。

その為簡単には除去できません。
ヘラやブラシなどで引き剥がします。

工場内はこのような散散たる感じです。消火器の粉がピンク糸の部分です。

ご覧の通り、棚から機械の細かい部分まで入り込んでいる事が分かります。

正に人海戦術!火災の煤除去と同じく、細かい部分まで拭き掃除です。
火災の煤の清掃の基本は掃除にあります。

建物、機械だけでなく細かい部品や道具まで全て清掃を行い、火災煤清掃と消火器の清掃を終えて納品です。

ここまで約2日!人を投入し、工場のスケジュールに極力穴をあけない様に努めました!

ご利用をご検討のお客様へ
0120-08-7867
24時間受付 年中無休 即日対応
もう少し詳しく簡潔に当社の業務を知りたい場合はこちら

マンション火災の煤清掃

今回の火災の煤清掃はマンションのスケルトンからのご依頼です。

煤清掃にはいくつかの工法があります。
その中でも当社の進める【火災煤ハイブリット清掃法】での煤清掃になります。

火災煤ハイブリット清掃法のメリットは、従来の清掃よりも安価で短時間でできる事が特徴です。
元来はコンクリートに付着した煤をすべて取り除くには、グラインダーやテープ、ドライアイスなどで完全に取り除きました。
それは非常に大変な作業でありました。

しかし、完全に煤を取り除かず、簡単に落ちる部分を落とし足付け作業を行います。
そして躯体に焼きついて残る煤を酸化分解させて無害化させます。
この為完全に削り取る必要がなくなったのです。

無害化を行った後に特殊コーティングを施す事で、完了です。

これで躯体を痛める事も無く火災の煤清掃を終える事ができます。
(特許出願中の技術でありますので、無断使用は固く禁じます。)

ご利用をご検討のお客様へ
0120-08-7867
24時間受付 年中無休 即日対応
もう少し詳しく簡潔に当社の業務を知りたい場合はこちら

グラインダー削りの火災煤清掃

先程のケース【マンション火災の煤清掃】で使用しました【火災煤ハイブリット清掃法】ではなく、元来良く行われているグラインダー削り工法での火災煤清掃です。

グラインダー削りでは目の前1mが見えなくなるほど粉じんが飛び交います。
また回転工具の場合は長時間連続で作業ができない(血液が泡立ち体調不良になる)などの制約があります。

非常に体力が奪われる作業です。
現在メリットとしては無い作業です。
しかし煤を完全に除去したい方などは、この工法を進める場合もあります。

当社ではグラインダー法での施工も対応可能です。

ご利用をご検討のお客様へ
0120-08-7867
24時間受付 年中無休 即日対応
もう少し詳しく簡潔に当社の業務を知りたい場合はこちら

通路の火災煤清掃

テナントビルでの火災などはテナントで火災が発生して、煤が通路にまわるといった事も多くあります。
今回の事例は通路の火災煤清掃です。

写真でも分かるように今回の現場は煤の幕の量が非常に多い現場でした。
また飲食店火災の為、脂分が多い、放水の水によって湿気ている、と煤清掃の中では3重苦の様な現場であります。

まずは風邪を送る為ダクトを設置致しました。
ダクトの設置と合わせて、除湿器セット致しました。

煤の成分なども含めて除去方法は若干変わってくるのです。

作業員も真っ黒になりながら煤清掃に励みます。

唯一の救いはタイルでありますので、非常に拭き取りやすく、綺麗に仕上げが行く事です。

しかし作業員としては煤が伸びてしますので、何度も何度も清掃し、均一のクオリティーを保つことが難しいです。

最終の納品前に施主様も交えて確認を行います。

「ここもう少し綺麗にならないの?」などお客様の目線をお借りし、納品前に気になる箇所を仕上げていく事で高い満足を得られるのです。

ご利用をご検討のお客様へ
0120-08-7867
24時間受付 年中無休 即日対応
もう少し詳しく簡潔に当社の業務を知りたい場合はこちら

ご相談・お見積り無料

業界NO.1の実力! 特許技術で皆様のお困りごとにお答えいたします。

0120-08-7867
24時間受付 年中無休 即日対応
  • クレジットカード使えます