特殊清掃の事例

施工事例WORKS

トップページ > 作業事例 > 火災現場清掃

火災後の残置物撤去と壁天井解体作業!

火災の凄まじさを物語っています。
放水されて水分を含んでしまった家財などです。
スタッフが分別作業を行っています。
壁の解体作業です。手作業で行っています。
家財を解体します。
トラックに詰め込みしています。隙間なく詰め込みます。
搬出するごみです。かなりの量ですね。
自社専用煤除去剤を使用して、洗浄拭き上げを数回行います。
(オゾンショックトリートメント法Ⓡはオゾン酸化分解法の中でも最高技術の脱臭法です。)

兵庫県の火災現場清掃の煤除去作業と除菌や消臭の料金の目安、作業方法をご紹介致します。
当社の過去の実例から御写真と、御見積を掲載しお客様の業者選びのご参考にお役立て下さい。
火災現場におきましては、お住まいの行政による廃棄物の処理料金の免除処置や火災家財保険の内容で弊社の対応も大きく変わってきますので、お手数ですが一度お電話でお問い合わせください。
市役所で、罹災申請の手続きをおこない、罹災証明書を作ってもらいます。
市区町村によって支援策は異なりますが、生活復興に向けた支援が受けられます。
罹災証明申請を行い、火災残置物を持ち込み処分していただけます。

年初に見積もりをした現場になります。
修繕工事が決まり、それに先立って当社に罹災備品の撤去・壁天井の一部解体(解体済の建材も撤去)のご依頼です。
作業初日に役所の担当者・施主様・当社の三者での打ち合わせを行いました。
役所はどこまで引き受けてくれるのか(放水でダメになった家電・家財・燃えたり・熱で溶けてしまった建材・水を含んだ煤の固まり・内装建材の下地断熱材など)壁天井の解体の場所指定確認・火災のごみの搬入場所 等、手続きの最終確認を行いました。

作業前に自社消臭剤(ダンボ)を噴霧します。 オゾンショックトリートメント法Ⓡ使用しオゾン燻蒸を行います。
(オゾンショックトリートメント法Ⓡはオゾン酸化分解法の中でも最高技術の脱臭法です。)

では、火災現場作業開始です。
罹災ごみは姫路市のごみ分別に従い、徹底して仕分け作業を行います。
水を含んでしまった煤の固まり等、受け入れてもらえないゴミは(火災ガラ)は、別の処理場へと搬入します。
残った火災ごみは特別管理産業廃棄物を扱う会社に、施主様が依頼をして処分してもらえるようになりました。
指定された解体部分を手作業にて解体、分別袋詰めして搬出処理場へと搬入します。 2tトラックで約3台分の罹災備品の搬出を行いました。

最後に自社消臭剤(ダンボ)を噴霧します。
オゾンショックトリートメント法Ⓡ使用しオゾン燻蒸を行います。
(オゾンショックトリートメント法Ⓡはオゾン酸化分解法の中でも最高技術の脱臭法です。)

  • 作業: 家財撤去+天井・壁ボード解体
  • 人数: 2人
  • 日数: 4日
  • 参考費用:

ご相談・お見積り無料

業界NO.1の実力! 特許技術で皆様のお困りごとにお答えいたします。

0120-08-7867
24時間受付 年中無休 即日対応