特殊清掃の事例

施工事例WORKS

トップページ > 作業事例 > 火災現場清掃

マンション火災に近隣クレーム、片付けるにもお金がかかる!!

作業前のリビングです。火事と放水で悲惨な状態。
廊下にも崩れた家財が大量に。煤けており、臭いも感じられます。
家財の分別と袋詰め。煤の飛散を防ぐためしっかり結びます。
熱海市では処分のサイズに制限あり。畳は小分けにして持ち込みです。
近隣への影響も考慮し、ベランダから直接搬出。リレーで運びます。
リビングはすっかり空っぽに。
廊下も片付いて安全に通れるようになりました。
近隣へ臭いを伝えてしまいそうな換気口は塞いでしまいます。
割れた窓も同様に蓋をして臭いをシャットアウト!

熱海市よりお問い合わせ頂いた火災現場の家財撤去作業のご依頼です。

火事の際に家主が入院、親族で火災保険等の対応に当たるも、代理人の為に通常より時間が経過。
そうこうするうち、煤による臭気に近隣の苦情の声が大きくなり、保険の支払いを待たずに片付けを先行して行うことになったとのこと。

マンションのような集合住宅での火災は、近隣への影響が大きく、今回のように火事の後始末に加え、近隣対応も必要になる場合があるのです。
とはいえ保険がすぐに下りないとなるとその費用の捻出もままならず…と八方塞がりになってしまいます。

そこで弊社では、火災現場のお片付けの際はお客様に「罹災証明(りさいしょうめい)」の有無を第一に確認します。
罹災証明とは火事に遭われたことを証明するもので、これをもって正式な手続きを踏むと多くの地域で焼失した家財の処分費用の減免を受けることが可能なのです。

今回の火災現場でも、市役所と協議の結果処分費用かけずにほぼすべての家財を撤去することが可能になりました。

燃えた家財の分別・袋詰めに2日間、市の処分場への搬出に1日間と計3日間の作業で部屋はすっかり空っぽになります。

燃えた家財や、消化の際の放水で湿ったものが無くなった為にそれだけでも、臭気が弱まったのが感じられます。
仕上げに、熱で割れた窓や共用部と通じる換気扇を塞ぎこみ、近隣への影響を可能な限り防止

これなら、近隣の方も納得して頂けるだろうとお客様も安心されて、作業終了です。

  • 作業: 火災現場清掃
  • 人数: 8人
  • 日数: 3日
  • 参考費用:

ご相談・お見積り無料

業界NO.1の実力! 特許技術で皆様のお困りごとにお答えいたします。

0120-08-7867
24時間受付 年中無休 即日対応